カテゴリ:その他の記事( 23 )

 

オリンパスマイクロフォーサーズ出た!!新時代到来!?

コレはデジタルカメラの新しい時代を告げる機種ではないでしょうか。
このサイズでデジイチと同等の画質、そしてレンズが交換できる!
f0086721_0101153.jpg

f0086721_0351117.jpg
まさに、最強のお散歩カメラでしょう。これなら本当にポケットに入りそうです。見たところ私の持っているLX2と大差ない大きさですが、写りは段違いだと思われます。発売までワクワクしながら待てる久しぶりに鳥肌ものの機種だと思います。
詳細はコチラ
http://www.dpreview.com/news/0809/08092208olympus_micro_four_thirds.asp
(ただし英語のサイトですm(__)m)
ほんとにやってくれましたオリンパスv(≧∇≦)v凄いです。ヒット間違いなしですね!


にほんブログ村 写真ブログへ
↑お、すごいねって思ったら!☆カチっとおねがいします☆(ブログランキングが上昇しますm(__)m)

☆だんじり編は明日から再開しますっm(__)m
次回予告!「祭りの花形リベンジ編其の壱」をお届けします☆
[PR]

  by ds610jp | 2008-09-23 00:13 | その他の記事

マイクロフォーサーズに期待

f0086721_329051.jpg
先日発表された新しい規格、「マイクロフォーサーズ」。すでに一部カメラファンの間では話題を呼んでいるようですが、この写真すごいですね。
マイクロフォーサーズのカメラがいかに小さいか良く分ります。
この大きさでレンズ交換できて少なくともE3に近い画質が期待できるなんて夢のようなカメラです。
しかも動画も撮れるカメラも視野に入れているとか。
何でもありですね。ココまで来たらついでにカシオの連写機能とかも入れちゃえばいいのに。
するとあの大きさで秒間60連写できてしかも動画も撮れてレンズ交換も出来る、
スーパーカメラが登場してくるなんて可能性も・・・(まだそれはないか(^_^;)。

この写真、発表会の時に使用されたもののようですが、ほんとに小さい!
コレが実現したら、ほんとに誰もが一眼の高画質を持ち歩けるようになりますね。
顔認識・逆光補正も当然標準装備でしょうから初心者から上級者のサブ機まで幅広いニーズに対応しそうです。外見もオシャレなものからレンジファインダー機のようなクラシカルなものまでなんでも出来そうです。まぁデザインはレンズの外見に影響されるのでオシャレすぎる外見はさすがにあわないかもですが。

実は事前にオリンパスで大きな会議があるという話は聞いていたのですが、まさかこんな形の発表になるとは嬉しい誤算です★

ん~とりあえず製品の発表を期待して待つしかないか~(^_^;)
[PR]

  by ds610jp | 2008-08-06 03:44 | その他の記事

ちょっとお仕事ネタ。。

f0086721_139597.jpg
最近インディースのユニットのCDジャケットを制作してました。。。
一度聞いてすっかり魅了されてしまい、制作を引き受けました☆
ユニット名は「纐纈佳奈withさゆり」で、
本格的な歌唱力が売りのピアノ&ボーカルユニットです。
5月1日に恵比寿天窓Switchというライブハウスでライブをするとの事。
聞きに行っても損はしませんので気になったら是非~☆

■最近の私のカメラ事情。。。■

さて、神戸・京都・奈良本編に行く前に近況をちょっと。
帰ってきて画像を確認したところ、シグマ10-20とペンタ50-200で撮った画像がちょっと片ボケで二線ボケっぽい症状が・・・(ーー;)なんじゃこりゃと神奈川の黒川にあるシグマと新宿ペンタに行ってまいりました。
結果は2本とも入院m(__)mついでに埃が混入している77mmも入院。
さらにペンタ100-300とシグマ18-50を下取りにだして・・・
なんと、手元にレンズが、10-17魚眼と21mmと43mmと90mmマクロしかない状態に。
まぁ21と43があれば写真は撮れるけど。。。ちょっと不安であります。
こんな時に限って撮影を頼まれたりしそうだしm(__)m
だがしかし先日ついに10-20が戻ってきた。
結果は「各部点検の上異常なし」
なななななんやって~~!?
んで実験してみると明らかに状態が治っている。なぜだろう・・・。
一度分解清掃でもしたのかな~・・・。ま、いいか治ったし。
そしてさらにもう一本、新レンズとしてタムロン17-50が新しい仲間として加わったのであった。
標準レンズをタムロンにした理由としては、

1:どうせならシグマ18-50以外のレンズを使ってみたかった。

2:シグマ17-70と最後まで迷ったが、17-50を使ってみて気にいらなかったら買い替えを検討すれば良しとした。シグマ17-70とタムロン17-50は注目&人気のレンズなので手放す時にあまり損をしないと予想。

3:純正にしなかった理由はパープルフリンジの出る量。
実験の結果、もっともパープルフリンジが出なかったのはシグマ17-70でほとんど驚異的ともいえる強さを発揮。2位はタムロン17-50で3位がわずかの差でシグマ18-50、4位がペンタ16-50だった。
防塵防滴と超音波モーターは捨てがたいが、パープルフリンジがあまり好きではないので、
シグマ17-70かタムロン17-50ということで検討。

そんなこんなでレンズの点検修理&入れ替えに奔走する私であった。
ちなみにまだ77mmと50-200mmは手元に戻ってないm(__)m
望遠とれないわ~い☆
[PR]

  by ds610jp | 2008-04-18 02:03 | その他の記事

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE