カテゴリ:ハイキングガイド( 3 )

 

北八ヶ岳冬山入門!?北横岳・縞枯山・茶臼山トレッキングガイド

f0086721_0111473.jpg
 北八ヶ岳の北横岳、縞枯山、茶臼山といえばアクセス抜群でしかも登り易く、しかも展望が良い!その上日帰りも可能というこの上ない冬山入門の山ですΣd(・ω・´。)しかも天候が良い日が多いのも嬉しいところ。ただし冬山で、且つ標高が高いのは間違いないので確実な装備はお忘れなく!

 12月のピラタスロープウェイ開通日から4月頭の冬季終了までが適期と言えると思います。ただ、4月も雪がないわけではないのでロープウェイ脇の登山道から登ろうと思えば登れますが、かなり疲れることと思います。ちなみに春山運行は2012年は4月28日から始まるのでその頃行くのもアリでしょう(^^ゞ

 とりあえずこのエリアは良く登られているルートとして、北横岳ルートと縞枯山ルートがあると思いますので両方紹介します。では北横岳ルートから。

◆北横岳ルート◆
f0086721_0345258.jpg
f0086721_0345919.jpg
スタートはピラタスロープウェイ山頂駅、ちなみにロープウェイからの景色も最高ですよ(^^ゞ
f0086721_0245842.jpg
山頂駅を出ると美しい雪景色がお出迎え。
いきなりの分岐ですがここは標識に従って進路を北方向に取ります。ちなみにこの坪庭というエリアは廻る方向が決まっていて右周りに廻らなければいけません。したがって北横岳を登ってきた登山者は基本的に坪庭に到着したらば左に進んで坪庭を一周することになります。しかし山では天候が悪い時や急がなければならない時もあるのでその辺りは臨機応変で行くべきと思いますΣd(・ω・´。)
アイゼンはすぐに装着しても良いと思います。
f0086721_033246.jpg
f0086721_0332989.jpg
坪庭は奇岩やスノーモンスターが眺められ、自然の作り出す不思議な光景を楽しめます。
f0086721_0302548.jpg
標識が順番にあります。道はポールが立っていて分かりやすいのでよほど天候が悪くなければ迷うことは無いと思います。
f0086721_0315417.jpg
坪庭から北横岳への分岐です。標識に従って左に進みます。
ちなみにここまで歩いて20分位。写真等を撮ったり景色を眺めたりしているともうちょっと掛かるかもしれません(・∀・)
f0086721_0374132.jpg
f0086721_037537.jpg
森の中を歩いて北横ヒュッテへと向かう。
f0086721_0382875.jpg
分岐から北横ヒュッテまでは40分位。

f0086721_0414868.jpg
北横ヒュッテの横を通り過ぎて進むと再び森の中。登山道は大抵の場合明瞭で分かりやすいです。

f0086721_0425296.jpg
南峰直前で一気に視界が開けます。南八ヶ岳が一望に出来るすばらしいポイント。

f0086721_0434226.jpg
南峰山頂。ヒュッテからここまでは30分程度。
f0086721_0441321.jpg
北峰。南峰から10分弱。
f0086721_0445127.jpg
蓼科山や北アルプスの展望がすばらしい(^^ゞ

帰りは来た道を坪庭まで戻り、坪庭分岐で左に曲がって坪庭を廻るようにしてロープウェイ山頂駅へ。北峰の山頂から北横ヒュッテまでは30分程度、ヒュッテから分岐まで30分程度、坪庭分岐からロープウェイ駅までが20分程度掛かるので最終のロープウェイに間に合うように戻ります。
f0086721_0521530.jpg
冬は日が短いのでロープウェイ山頂駅や、山麓駅で美しい夕暮れが楽しめるかもしれません(*´∀`*)染まる八ヶ岳や南アルプスに沈む夕日は格別ですよ!

行き歩行時間:100分
帰り歩行時間:80分
合計歩行時間:3時間


◆縞枯山、茶臼山ルート◆
スタートはやはりロープウェイ山頂駅。だが今度は進路を西方向へと取ります。坪庭をわずかに左横に見ながらまっすぐ進むと10分程度で縞枯山荘が見えてきます。突如開けた雪原に山荘らしい建物がマッチしています。
f0086721_0575394.jpg
f0086721_058099.jpg
さらに10分ほど進むといきなり分岐で直角に曲がってこの先急登になります。アイゼンはここで装着しておいた方がよいです。
f0086721_0585628.jpg
50分ほど登ると山頂に到着しますが、展望はありません。
f0086721_0595798.jpg
f0086721_10840.jpg
立ち枯れの明るい木々の間の登山道を歩いて行くとたびたび展望の良い場所があり、南アルプスから北アルプスまで全て一望に出来ます。
f0086721_1217100.jpg
ほんとに全部見えるのがこの場所の凄いところですΣd(・ω・´。)
f0086721_125698.jpg
展望台にたどり着くとさらに視界が開け、茶臼山越しに南八ヶ岳が望めます。ここもすばらしい展望です。山頂から縞枯山の展望台までは10分程度です。

さて、時間に余裕がある方や体力に自信のある方はこの先茶臼山までの往復をおススメします。展望台から茶臼山までは30分程度で、茶臼山山頂からすぐの展望台からは南八ヶ岳をさらに間近に望むことが出来るでしょう。

帰りは来た道を戻ります。
茶臼山から縞枯山までは50分程度、縞枯山から縞枯山荘まではシリセードなどで下った場合20分程度です。歩いて下ると40分程度掛かります。縞枯山荘からロープウェイ山頂駅までは10分です。

◆縞枯山往復ルートの場合
行き歩行時間:80分
帰り歩行時間:60分
合計歩行時間:2時間10分

◆縞枯山、茶臼山往復ルートの場合
行き歩行時間:110分
帰り歩行時間:100分
合計歩行時間:3時間30分

どちらのルートも危険箇所などはほとんど無く、道も大抵分かりやすい状態です。ただ、北横岳の方がよく歩かれているようです。なので足元は北横岳ルートの方がしっかり踏み固められていると思います。
装備は私が登った時の装備は
レインウェア上下(夏用)
ゲイター(スパッツ)
フリース
化繊のロンT
化繊のTシャツ(Tシャツは2枚がさねで着ました)
フリースパンツを2重履き
インナー手袋、アウター手袋
バラクラバ(風が強いので稜線上では必須です)か頬まで隠せるネックゲーター
ゴーグル、サングラス
スノーブーツ
10本爪アイゼン
ストック(2本)
地形図(予備を2枚別で印刷)
以上です。
あとはツェルト、予備のダウンジャケット2着、タオル、ヘッドランプ2個、電池、GPS、予備バッテリー、食料、スポーツドリンク1リットル(ダウンで包んで保温)、コーンポタージュ、エマージェンシーキット等の基本装備。

北八ヶ岳は歩きやすいエリアですが気温は15度以下という環境的には厳しい場所でもあります。天候が良いときを狙って登ることをおススメします!晴れていれば本当にすばらしい景色が楽しめると思いますヽ(*^ω^*)ノ

◆公共の交通機関を使った交通◆
 茅野駅からバスが出ています。冬季は・・・
 8時05分と10時25分に茅野駅西口のバスターミナルからピラタスロープウェイ行きバスが出ていますが、東京からの場合あずさを使っても高速バスに乗っても10時25分にしか間に合いません(゜Д゜)
なので10時25分発のバスに乗り、11時20分にロープウェイ山麓駅に到着します。40分発のロープウェイに乗り、山頂駅に到着、歩き出すのは12時頃だと思われます。
 ロープウェイの運行は16時までなので、制限時間4時間の時間勝負になりますΣ( ̄□ ̄;)自分の歩くペースを考えて万が一の場合引き返すことも考えておいた方が良いと思われます。帰りのバスは17時が最終なので山麓駅ではバスを待ちながら夕暮れを楽しめると思います。
 ちなみに4月下旬の春期運行からは平日16時40分まで、土日は17時までの運行になるようなので多少時間に余裕が出来ます。

 もちろん車でロープウェイ駅まで来れる方や、8時05分のバスに乗れる方はもっと時間に余裕を持って計画できると思います。ちなみにロープウェイまでの道は大抵凍結しているのでスタットレス等は必須です。

 北横岳、縞枯山、茶臼山はとても登り易く景色もよい山で歩き的には丹沢などより遥かに楽です。冬山という事で天候にさえ注意してしっかり装備をすれば夏山を歩いている方ならいけるはず!今年は既に冬季ロープウェイは終了してしまいましたが、4月28日からの春期か来年の冬、足を運んでみてはいかがでしょうか (`・д´・ゞ)-☆
[PR]

  by ds610jp | 2012-04-12 02:01 | ハイキングガイド

冬の八ヶ岳 硫黄岳登山ガイド 夏沢鉱泉ルート

f0086721_036477.jpg
 八ヶ岳冬山登山の初級から中級へのステップアップに最適とも言われる硫黄岳。
 硫黄岳に登るルートはいくつかありますが、今回は夏沢鉱泉経由のルートを紹介します(^^ゞ実際一番良く登られているルートは美濃戸口から赤岳鉱泉を経由して硫黄岳へいたるルートだと思いますが、この夏沢鉱泉ルートだとすばらしいポイントがあります。それはズバリ夏沢鉱泉宿泊の方限定の無料送迎です。なんと最寄駅の茅野から車と雪上車を使って無料送迎してもらえるのです。てことでバス代やら時間やらを無駄にせず、しかも登る前と下山後にゆっくり温泉に浸かることもできて快適な山旅になること間違いなしです(人´∀`)では今回のプラン紹介

1日目 午後の送迎で夏沢鉱泉へ泊まる(一泊夕食付き9950円)。
f0086721_23345027.jpg
雪上車で送迎。この日は夕食をいただいて、温泉入って寝るだけ。ゆっくり休養します。
2日目 早朝出発で、根石岳の山頂を周って硫黄岳へ向かいます。
f0086721_2336444.jpg
明るくなる前に星を眺めるのも良いです。
◆タイムテーブル◆
6:00出発
夏沢鉱泉からオーレン小屋までは緩やかな登り。川沿いの登山道を歩きます。よほど天気が悪くなければ道は分かりやすいと思います。ここからオーレン小屋までは夏沢鉱泉に泊まったほとんどの方が歩いていると思われるので、前日が大雪とかでなければよく踏み固められていて歩きやすいです。アイゼンかスノーシューは履いてもよいと思いますが、まだ履かなくとも歩くことはできます。

6:45オーレン小屋前通過
少し開けた場所にロッジ的な建物が数棟見えてきます。そこがオーレン小屋です。ここを通過するとすぐに分岐があり、右手に硫黄岳方面への道がありますがここは無視します。
すぐ先に箕冠山/根石岳方面への道と夏沢峠/硫黄岳への道があるのでここでは箕冠山/根石岳方面の指標にしたがって進みます。

7:45箕冠山を経由して根石岳山頂へ
f0086721_23492064.jpg
箕冠山の山頂付近の分岐。ここにトイレもあるうえ、樹林帯で風もないので休憩にはもってこいです。
f0086721_23504750.jpg
箕冠山を通過してまもなく一気に視界が開け、根石岳山頂を望むことができます。ここから先はアイゼンがないと危険なので視界が開けた場所でアイゼンを履いていなかった場合、装着した方が良いです。根石岳だけのプランならば、それほど急なポイントは無いのでアイゼンは6本爪でも問題ないと思います。しかもこの場所はかなり展望が良いのでここに来るだけでも冬山の雰囲気を満喫することができるすばらしいポイントです。
f0086721_23552432.jpg
根石岳山頂
f0086721_23551775.jpg
山頂から振り返ると南八ヶ岳が一望できます。正面の壁のような山が硫黄岳です。

8:15~8:30箕冠山にて小休止。分岐からの道を確認します。
分岐からの道は崖沿いの登山道を行くのですが、道が明瞭出ない場合があります。崖と道の位置を意識しながら崖に近寄りすぎずルートをとって歩きます。
f0086721_0413014.jpg
夏沢峠へ向かう途中で見える根石岳天狗岳。

9:15夏沢峠通過
f0086721_0411547.jpg
この先は硫黄岳への登りになります。かなり急な斜面もあるのでピッケルやアイゼン、バラクラバやゴーグルなどの装備をしっかり確認します。
f0086721_002715.jpg
f0086721_004260.jpg
樹林帯の急登を越えると、森林限界で一気に風が強くなります。トレース跡や夏道の指標を頼りにルートを選んで登っていきます。概ね夏山の道が確認できるので一歩ずつアイゼンを効かせて登ります。ここの登りは1時間程度掛かるのでじっくり焦らずに。半分程度登ると多少緩やかになり目印のケルンが見え始めます。いくつかあるケルンを目印に登っていくとやがて山頂に着きますヽ(´▽`)/

10:15山頂に到着。
f0086721_093327.jpg
f0086721_094449.jpg
山頂は火口の淵がずっと続いています。奥のほうが最高点になります。
f0086721_0102798.jpg
山頂から見る赤岳、横岳、阿弥陀岳はすばらしいの一言です(人´∀`)

10:50下山開始。
夏沢峠まで来た道を戻ります。下りも油断せず一歩づつ下山します。
夏沢峠まで下りたら、オーレン小屋方面の分岐を左に曲がりさらに下り、オーレン小屋を通過して夏沢鉱泉へと戻ります。

12:15下山したら温泉に浸かってじっくり疲れをとりましょ~ヽ(´▽`)/
最後は夏沢鉱泉から茅野まで送迎してもらい、帰宅します(ToT)/~~~



◆交通について◆
とりあえず茅野駅まで行けば送迎してもらえます(・∀・)
乗り換え案内等で電車の道を調べるも良し、自家用車で行くも良しです。
送迎の時間については日によって違うので山荘の宿泊予約時に確認を。

◆夏沢鉱泉◆
冬季料金は
一泊2食付で11000円
一泊夕食のみ9950円
一泊朝食のみ8900円
素泊まり7850円
夏季であれば弁当も1000円で用意してもらえるのですが冬季は凍ってしまうためおススメしません。。
下山後や夕食後の温泉はとっても快適です(人´∀`)
空いている場合、グループ毎、あるいは個人でも部屋を用意してもらえますが、一応山荘なので混んでいる日は相部屋になります。
ホームページ
http://www004.upp.so-net.ne.jp/natsuzawa/

◆オプションプラン◆
1日目 送迎を午前中にしてもらって、一日目に根石岳、天狗岳を周る
2日目 朝食を食べてから硫黄岳往復

◆赤岩ノ頭ルート◆
硫黄岳の山頂の南西すぐにある2656mのピーク、それが赤岩ノ頭です。赤岩ノ頭への分岐がオーレン小屋近くにあります。こちらのルートは雪が崩れやすく通りづらいとの事ですが、通れる日もあるようです。山荘で通れる事を確認できれば、硫黄岳からの下山をこのルートにしても良いかと思います。硫黄岳を別の角度から眺められるので下山はせずとも赤岩ノ頭まで行くのは有りだと思います。


◆管理人の硫黄岳写真記事はこちら◆
南八ヶ岳「冬の赤岳を撮影しに硫黄岳へ登る」
その4
http://xxtomato.exblog.jp/17287612/
その3
http://xxtomato.exblog.jp/17283725/
その2
http://xxtomato.exblog.jp/17279759/
その1
http://xxtomato.exblog.jp/17271181/

◆装備について◆
10本爪以上のアイゼン、ピッケルは必要かと思います。ワカンやスノーシューはルートや天候によってはあっても良いかと思います。ツェルトや予備の防寒具、ヘッドランプなどの基本装備に加え、防寒防風をきっちりして、ゴーグルはダブルレンズのものならOK。バラクラバはないと顔が尋常じゃなく痛いので必須。いきなり硫黄岳は不安と言う方は北横岳か縞枯山をおススメします(・∀・)そちらのガイドも近日中に。
[PR]

  by ds610jp | 2012-03-20 00:33 | ハイキングガイド

日光隠れ三滝ハイキングガイド

今回はお試しガイドということで(^^ゞ

■東武日光駅から霧降の滝入り口まで
 東武日光駅からバスまたはタクシーで「霧降の滝入り口」まで向かいます。
所要時間は15分程度、タクシーなら約1500円です。バスの場合は300円。ただしバスの運行期間は4/1~11/10です。さらに8時41分東武日光発霧降高原行きという丁度いい時間のバスがあるのですが、6/11~8/31の間しか運行していないので注意が必要です。っていうか私も引っかかりました(^_^.)紅葉の時期に8時41分のバスに乗ろうとしたら、バスが無いという・・・。
 ちなみに次のバスは9時41分発です。9時41分のバスでも十分日帰りは可能ですから、予定とあわせて検討することをおススメします。バス乗り場は東武日光駅を出て右斜め前にぽつんとある、「2D、霧降高原・大笹牧場行き乗り場」です。


■マップ&ガイド■
f0086721_0301945.jpg

①霧降の滝入り口
f0086721_03364.jpg
f0086721_0331552.jpg
タクシーならば写真の看板の前まで行ってくれます。バスの場合、バス停を降りてすぐある大きなY字路右側を2分程度進むと写真の看板の前に出ます。ここから霧降の滝観瀑台までは一本道の遊歩道を普通に歩いたら10分かからない位です。この遊歩道は良い雰囲気なので写真等を撮りながら歩いたら意外と時間を食うと思われます。

②霧降の滝観曝台
f0086721_0355475.jpg
霧降の滝を中心とした雄大な景色が広がり、バックには立派な山容の赤薙山等の山々の姿も伺うことができます。

③大山ハイキングコース入り口
f0086721_0365548.jpg
f0086721_037333.jpg
霧降の滝入り口までもどり近くに見える売店等を左手に見ながら通り過ぎまっすぐ進むとちょっとした広場のような場所にでます。その一番奥にイキングコースの入り口が。隠れ三滝へもここから入って行きます。

f0086721_0385139.jpg
足元には笹、頭上は広葉樹の樹林帯を少し長いなと思う位進んでゆくと左手下に車道がチラ見出来るところに出ます。車道が見える地点の前、途中分岐っぽいところがありますが左は行き止まりになります。車道が見える地点から少し進むと沢に向かってひたすらの下りになります。

⑤沢まで下ると右手に少し開けた空間左手に進むべきコース。
f0086721_0401353.jpg
沢沿いに進むと丸太で出来た橋があり、それを渡ります。このあたりから沢の景色も良く、滝がありそうな雰囲気を感じることが出来ます。

⑥基本的に途中まで「大山」山頂を目指すルートと同じなので大山への指標にしたがって進みます。
f0086721_0403659.jpg
f0086721_0404535.jpg
ここは地図上T字ですが、もちろん沢にそって左に曲がり進みます。このあたりは針葉樹の中を進むことになります。

⑦沢を左手に確認しながら針葉樹の道を進むと丁ノ字滝と玉簾ノ滝分岐点に出ます。左に曲がると丁ノ字滝、そのまま進むと玉簾ノ滝休憩所。実際は玉簾ノ滝も近くで見るならば丁ノ字滝と同じ方向へ曲がります。沢付近まで下るとまたも丸太の橋があり、渡って左に道なりに多少登りながら進むとすぐに丁ノ字滝に出ます。

⑧丁ノ字滝
f0086721_0415588.jpg
スマートで美しい滝。滝の近くに座れる程度の岩場があるので滝を間近に眺めながら休憩などもおススメ。

⑨玉簾ノ滝
f0086721_0421137.jpg

 ⑦の丸太橋まで戻って橋を渡り、沢沿いを上流側に進むとすぐに玉簾ノ滝が見えてきます。天候がよければ滝のすぐ近くまで歩いていくことが可能ですが、あまり天候が良くないときは止めておいたほうが無難です。間近でみるとかなりスケール感のある滝です。⑦の場所まで戻ってハイキングコースを進むと玉簾ノ滝休憩所があり上からも眺めることが出来ます。
f0086721_0425611.jpg


⑩アスファルトの道を横断します。
 右手は牧場の私有地とのことで立ち入り禁止です。マックラ滝へは道を横断して沢へと進んでいきます。このあたりで既に滝の音が奥のほうから聞こえてくるのでそのまま進みます。程なく道しるべがあってすぐマックラ滝が見えてきます。

⑪マックラ滝
f0086721_0441065.jpg
落差40mの大きな滝です。写真で見るとスマートな感じですが実際はかなり迫力のある滝です。

⑫車道を道なりに進み、隠れ三滝入り口のバス停に向かいます。最初は登り、後半は下りです。途中ハイキングコースを通るショートカットがありますが、通らない方が早くバス停には着きます。

⑬隠れ三滝入り口
f0086721_0461974.jpg
このバス停から東武日光駅に戻ります。マイカーで霧降の滝入り口まで来た方もここでバスに乗ったほうが楽でしょう。バスの最終は17時15分、その前は15時45分です。

 霧降の滝~からマックラ滝へと一日滝三昧、マイナスイオンタップリのハイキングが楽しめるコースです。基本的にバスが11月10日までなので、そのあたりまでがベストシーズンでしょう。コース自体は普通に歩けば2時間程度です。写真を撮って歩くなら時間的にその倍は見ても良いと思います。歩く距離を短くしたいという方は、霧降の滝入り口から隠れ三滝入り口へとバスかタクシーで移動するという手もあるのでご検討を。
[PR]

  by ds610jp | 2011-12-20 00:48 | ハイキングガイド

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE