<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

バリ島⑨ バリsロード

トラックバックカテゴリ:旅行・地域
ライステラスに向かう途中、寺院に向かう途中、
バリでは道を眺めるのがとても楽しかった。
その土地の生活やリアルが見えるような気がして。
そんなわけで。
今回は移動中の車の中から撮影したバリの道をお届け!
f0086721_0374232.jpg
f0086721_038687.jpg
f0086721_0382297.jpg
f0086721_0383843.jpg


そしてたどり着いたライステラスは山の中腹だけあってそんなに大きくはないが、
綺麗に整えられていた。連れて行ってもらった場所以外にも沢山の綺麗なライステラスがバリにはあるということだ。
f0086721_0405970.jpg

バリではこのタイプのカゴが良く使われているらしく肩にかけて2個運んでいる人を良く見かけた。
f0086721_042193.jpg


今回の道の写真は全て
タムロン SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (モデル272E)
にて撮影しました。それも、車の後部座席から乗り出すような体制でピントを固定にして何かが通った瞬間にパシャ!っと。道がでこぼこなんでかなり至難のワザでした(ーー;)ぷしゅ~・・・
ちなみにライステラスは シグマ 18-50mm F2.8 EX DC にて撮影☆
[PR]

  by ds610jp | 2007-08-25 00:45 | タムロン90mm F/2.8マクロ

バリ島⑧ ティエルタエンプル!!

トラックバックカテゴリ:旅行・地域
バリ島旅行編も第8回を数えてそろそろ旅行も盛り上ってきた!?ところで。
バリといえばお寺です。
寺院が異常に多いのがバリの特徴の一つでもある。
それはもういたるところにあるのである。
ん~どれくらいあるかと言えば、
だいたい2万以上はあるらしい。
まぁ実は日本も京都とか1000以上の寺社があるし、全国合わせればかなりの数の寺社が実はある。思い起こせばどんな町にもほとんど神社とお寺はあるもんなぁ。
かつては日本も宗教と密接に繋がっていたという名残でもある。
だが、バリ島では今も生活と宗教との繫がりがとても強いらしく、生活のサイクルは宗教を中心にまわっている人が多いとのことである。
そんなわけで、ここバリ島では寺院が町並みに溶け込むように沢山あるのである。
今日の記事、ティエルタエンプルもその一つ。
f0086721_124510.jpg

f0086721_1243045.jpg

聖水が湧き出る美しい水の寺院として有名である。
f0086721_1254051.jpg

神の泉があるんだが、かなり深そうなのに水底まで完璧に透き通ってた。
中でゆれる水草が美しい。
f0086721_126391.jpg

f0086721_1262491.jpg
んで、一個豆知識!
実はこの寺院の隣には、かのデヴィ夫人の別荘があるらしい。
もちろん中には無断で入ることはできないが、外観くらいは見れた。
かなりでっかい建物で、「さすが本物のセレブだ」と実感。
さて!!
次回はライステラスを見てタマンアユン寺院にGO!!

シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC
シグマ 18-50mm F2.8 EX DC
にて撮影!
[PR]

  by ds610jp | 2007-08-24 01:22 | シグマ10-20mm F4-5.6

ちょっとブレイク暑中見舞いde花火inヨコハマ

夏らしい画像&ブログで暑中お見舞い!
今日はちょっとブレイクタイムってことで、
先日行った横浜花火大会のことを一つ。
ヨコハマの花火は東京の同じクラスの花火大会と比べるとゆっくり見れるのでよい。
湾岸沿いにはけっこう見れる場所が点在しており、
だいたい5時位までにヨコハマに着けば公園や高台などそこそこ見れる場所が確保できる。
今回は赤レンガ倉庫が見える場所を背景に花火が撮ってみたくて
写真の場所を選んだが、実はちょっと想定とずれていて、
赤レンガ倉庫とみなとみらいをバックに花火を撮ることはできなかった(^_^;)
が、この日は超綺麗な夕暮れも見れたしそれなりに花火も撮れたし、
よしとするか~☆
f0086721_0461171.jpg
f0086721_0521555.jpg

シグマ 18-50mm F2.8 EX DC&ペンタック DA 50-200㎜F4-5.6 EDにて撮影
単焦点も持っていったが花火はズームじゃないと厳しいことを実感・・・。
どうせ絞って撮るんだからズームレンズ&三脚が必須だった。
試しにLX2でも撮ってみたが、写るは写るけど、作品にはならないなぁ。
低速シャッターだと液晶のリアクションが遅くて使いづらかった・・・
[PR]

  by ds610jp | 2007-08-13 00:53 | シグマ18-50mm F2.8

バリ島⑦ キンタマーニ!!

トラックバックカテゴリ:旅行・地域
ついにやってきました
キンタマーニ高原!
f0086721_046204.jpg
日本男子として必ず行かなければ行けない名前である。
とまあ、それは置いといて、
本当に景色がいい。
バリ島随一の避暑地だろう。
2000メートル以上の高原である。
気温も20~25度と常に過ごしやすいようだ。
高原に着いたら普通にバイキング形式のランチを食べて
暫く高原を眺めて旅行気分を味わった。
f0086721_0464167.jpg

ここでは近くに味?のある微妙にさびれたお土産屋があったので
ついフラフラとはいってしまった。
f0086721_0471336.jpg
f0086721_0472780.jpg
んでおばちゃんとちょっと話してお土産に5枚1000円でTシャツを買った。
ん~これは安いのか高いのか・・・?
まぁ日本で5枚1000円でTシャツを買えるのは
うちの近所のノトヤ位のものだ。
(↑板橋区民しか分らないぜ!)
ノトヤは本当にすごい店なんで板橋におこしの際は機会があればいってみるといい。
30円とかで洋服が買えるすごい店だ。
バリ島に行って頻繁に飲んでみたい飲み物・・・
それはヤシの実ジュースだろう。
で、2回ほど飲んだがやっぱりだ。
アイツはスイカの皮の近くの味がする。
ん~、喉を潤したい時には良いけど、
トロピカルな感じは期待してはいけないと知った。
またひとつ大人になった気がした2007年の夏。
f0086721_0474278.jpg


そうそう、
余談だが
ナシゴレンとミゴレンはバリ島で必ず食べる名物料理のようなものだ。が、
現地の人曰くこいつらは中華料理なのだそうだ。
どこから見ても中華料理の外見ではないがな!
ん~まぁ日本でラーメンがはやっているようなものか。

さて次回は山を下って寺院めぐり!の巻き!

シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DCにて撮影
[PR]

  by ds610jp | 2007-08-12 00:49 | シグマ10-20mm F4-5.6

バリ島6 キンタマーニへの道

トラックバックカテゴリ:旅行・地域
さて、一連の罠にとりあえず引っかかった後、
我々は次の目的地へと向かった。そう、
木彫りの村マスと銀細工の村チュルクだ。
HISのツアーだとこのあたりは必須スポットになっているらしく、
どのオプショナルツアーを見ても結構載っている場所だ。
だがしかし。
ここでもHISの仕掛けたが炸裂する。
ところで、
バリ島ではそれぞれの村が一個の種類の仕事をすることが多いらしく、
この木彫りの村や銀細工の村以外にも石細工とかの村とかもある。
基本的にほとんどの島民は農業でそれ以外の人が
こういった職人村や都市部で働いている状況のようだ。
それはさておき、この木彫りの村と銀細工の村、
行く前からなんとなく予想はしていたが、やっぱそうか!
村の雰囲気自体は職人の村って感じで良いものの、
連れて行かれた場所は、
恐らくはHISとの契約ショップ。
村の中でも最も雰囲気も何も無い場所である。
しかもこのツアーでは
村の見学は一切できないらしい
なぜって、お店の駐車場に着いたらいきなり、
「じゃあ好きなもの買って戻ってきて~」
とお店の人に紹介され、そしてお店の人付き添いのもと、
買い物をしなければならないというシステムだからだ。
もう~!!
怒!!

まだ木彫りの村は色々な商品が置いてあって面白かったが、
銀細工の村の店は、マジいかん。
とりあえず値段が日本よりも明らかに高いYO!!
しかも品質もなんだか適当・・・
なぜって、東京のバリショップで3500円で売ってたガムランボールは超いい音がしたのに、このお店のガムランボールは5200円で音も極めてしょぼい!
ちょっと!
ちょおおおおおおおおっと!!
本場なのにこの音は・・・。
日本で聞いた音は
「チュイ~~ンチュインチュイン」って感じで奥深く響く感じだったのに、
これは
「チャキチャキ・・・」っておい!
一気にトーンダウンですよこれは。
後で別のバリの方に聞いたところによると、
村の他の場所ではかなり安い値段でよりいいものを買えたりするらしい。
木彫りの人形とかかなりできのよさそうなモノが
安いところだと普通に200円とかで買えたりするようである。
そうそう、
木彫りの村では様々な木彫り人形が売っていたが、
なぜか
Hをしてる人形とか
ち●ぽ丸出しで豪快なポーズをとっている人形とかが
結構多くてウケた。
あと
体育図座りしてうずくまっているマッチョな人形
はやっているらしく沢山ならんでいた。

そんなこんなで、不満タラタラな我々が次に向かったのが
f0086721_0553079.jpg

「ゴアガジャ遺跡」である。
ここには祭られている世界樹と洞窟遺跡がある。
f0086721_05609.jpg
いや~、普通にでかいな世界樹!
祭られるだけのことはあるなぁ。もろ逆光だったので雰囲気はいまいちだが左下に人間も写っているためデカさは伝わるとおもう。
f0086721_10316.jpg
f0086721_104540.jpg
入り口はバリのパンフレットには必ず載っているでっかい顔が彫られている。
ちょっとコミカルな感じである。
遺跡の中にはかつて僧侶が修行場として使っていた断食の間みたいのが沢山あったが現在は使われていないということで、
「ここに座ってポーズとりなよ~」とパセックさんが陽気に促してくれた。
調子に乗った我々が意気揚々と断食のポーズをとっていると、
あとから団体の観光客がやってきて、
あ、断食してる人がいるよ~」とかざわめき始めた。
・・・いや、やってないから!
すいません!

いやまさか、観光に来てるのに観光される側になってしまうとは不覚である。
おっと、キンタマーニ高原までたどり着いてない~!!
だがここで次回に続く!
次回は間違いなくキンタマーニ高原!
[PR]

  by ds610jp | 2007-08-04 01:15 | シグマ18-50mm F2.8

バリ島⑤ バロンダンス編III

2007、私の夏休み&夏に行きたいスポット!
ついにバロンダンスも終わり、
演奏者やバロンの衣装と記念撮影を済ませた後、
意気揚々とパセックさんの待つ駐車場へ向かおうとしたその時。
ねえねえ、さっきの写真、お皿にシタヨ。見てって!」
なんだと!?
これか、さっきの撮影の結果はこれだったのか!!
(バリ島③ バロンダンス編参照のこと)
いや、俺は・・・と言いかけたが、
いや、最初だしここは一つ騙されてやってもいいかな、
とふとした弾みで思ってとりあえず値段を聞くと、
「これは70000ルピアね」
えっと、幾らだ?桁が多すぎて良く分らん・・・。
たしか、1円で70ルピアくらいだったから・・・900円ちょっと、かな?
カナーリチープなつくりだけど、ネタになるし
まぁ記念に買ってもいいかな。
「ドル支払いOK?」
「ドルだめね~。ルピアだけヨ!そこで両替して!」
そこ、を見ると確かに両替屋がある。
丁度いいから両替するかと、ここで50ドルを両替した。
「298000ルピアね~」
「はい」
ガイドのパセックさんに急ぐように言われたのもあって、
ここで焦ってレートを計算するのを忘れていた。
しかしこのとき気付くべきだった・・・
実はこれが罠であると・・・
後から考えたらおかしいよね!
だってドル使えないお店のまん前に両替屋があるなんて!
どう考えてもボッタクル気マンマンすぎるシュチュエーションである。
だが急いでいたのでとりあえず両替して皿を購入して車に乗り込んだ。
で、後で改めて計算してみると・・・。
通常のレートで考えて、
50ドル→6200円→440000ルピア。
・・・おい!
幾らなんでもボリ過ぎだろ(笑)!
ボッテる額が3割いってるよ!
これは・・・
やられたー!!
本やネットで調べてそういうことがあると知っていたのにやられた・・・。
恐るべしバリ。
今考えると全てが罠だったのである。
しかも、皿に印刷された記念写真はあからさまにシールで貼っただけのシロモン。
ふ~この皿に俺は3000円以上も出してしまったのか・・・
両替屋にはご用心、である。
レートは良く確認しよう!
そして次回は
木彫りの村と銀細工の村・・・
ゴアガジャ遺跡、
そして絶景のキンタマーニ高原に行きます!
f0086721_4103437.jpg

写真は木彫りの村で見たちょっと欲しかったチェス盤。
500000ルピア(7000円位)
[PR]

  by ds610jp | 2007-08-02 04:12 | シグマ18-50mm F2.8

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE