<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

深大寺 春散歩(三)

f0086721_22114065.jpg
f0086721_22114943.jpg
f0086721_22115838.jpg
f0086721_22121058.jpg
f0086721_22122872.jpg
f0086721_22152695.jpg
f0086721_22153437.jpg
f0086721_22195598.jpg
f0086721_22161571.jpg
f0086721_22162325.jpg
 深大寺参道の枝垂桜は見事でした。鬼太郎茶屋はいつも混んでいるのでいまだに入ったことがありません(TωT)興味はあるんですけどね。

 今年は2日しか桜を撮りに行かなかったなぁ。けどまぁ何度も撮りに行くと桜の写真が夏までずれ込むのでタイムリーじゃなくなるし、これくらいが丁度いいかな。



◆使用カメラ◆
K-5
K-7

◆使用レンズ◆
シグマ 30mm F1.4 EX DC
シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSM
ペンタックス DA☆ 50-135mmf2.8ED AL[IF]SDM


にほブログ村 写真ブログへ
↑お気に入り写真があればぜひ!☆カチっとおねがいします☆(ブログランキングが上昇しますm(__)m)


◆ds610jpの徒然日記◆
ゴールデンウィーク到来!と言っても私は1日も休み無しですが(ノ◇≦。)先月末はようやく花粉が落ち着いたと思いきや、最近またくしゃみと鼻水が。黄砂かヒノキか・・・ああ花粉症以前にもどりたい。


◆震災のこと◆
 被災各地に「災害緊急事態」を公布しないのは何故だろう?
生活必需品の配給や金銭債務の支払い延期などの処置が政令で出来るようになる。これが被災地に公布されれば経済的理由などでも進行が遅れている福島の避難などがよりスムーズになるハズでは?
 いまさらだけれども「非常事態宣言」などもされず、「安全保障会議」も開かれない。不思議でしょうがない。現内閣は責任ある行動をしたくない、ということだろうか。
[PR]

  by ds610jp | 2011-04-30 22:34 | DA☆50-135mmf2.8

小佐古参与、抗議の辞任

 福島原発の事故への対応のため、先月内閣官房参与に任命された、原子力の専門家で「東京大学大学院教授の小佐古敏荘氏」が、「政府の対策は法にのっとっておらず、場当たり的だ」として、内閣官房参与を辞任することを明らかにしました。

 どういうことかというと、先日の記事と被る部分が結構あるんですが、

■政府の対応がその場しのぎの連続で原子力災害対策に関連する法律や原子力防災指針、原子力防災マニュアルがあるにも関わらずそれを守ってないだろ!しかもそのおかげで事態収束に時間がかかっている!とうこと。

■政府が放射線の拡散予測をかなり正確に出来るにも関わらずその情報を公開しないこと。

■東北から関東にかけて、累積被ばく量が多い地域を把握しているにも関わらずそれを公表しないこと。また、それに付随してそれぞれの地域の甲状腺被ばく量を公開するべきだということ。

■原発の作業員の被ばく限度を国際的ガイドラインに従わすコロコロかえるのはいかん!ということ。

■国際的常識から外れた決定が多いこと
 特に小学生の被ばく限度が年間20mmシーベルトというのは人道的にありえない!基本は年間1mmまで、非常時でも年間5mm相当の放射線量1~2週というのが限度。年間10mmならば最悪の場合認められなくもないが、20mmなど通常大人の原発作業員でもほとんどありえない!この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは、学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたいものです。ということ。

■IAEA(国際原子力機関)が4回調査、報告会を開いているが、その情報は内閣府には伝わっていないのはどういうことだ!ということ。

そんなわけで、小佐古氏は涙を流しながら抗議して自ら辞任という手段をとったわけです。
YouTube小作参与辞任会見の様子↓
f0086721_2275818.jpg

 小佐古参与はそれほど表に出てきている人物ではありませんが、この辞任はとても重要なことを伝えているのだと思います。むしろは内閣総辞職して新しくしてもらって、こういう人が対策本部の部長になれば、と思いますが。しかし辞めてしまうことでさらに常識的な人員が減ってしまう→ますます対応が場当たり的になり収束や被災地の復興が遅れることになるのではと思う部分もあります。会見を見る限りあまりにもひどい対応をいくら進言しても改めようとしない政府に、今のままじゃどうにもならないから、自分が辞めることで内閣辞職を促進しようという考え、ということでしょうか。確かにブレーンがこんな辞め方する政府はどうしようもないのかもしれません。


 これにリンクする記事で、先日、郡山市が独自に小学校の校庭に降り積もった放射性物質を除去するために校庭の土を3センチほど除去したところ、放射線量が1/5になったということですが、文部科学省はそれに対して年20mmシーベルトでいいのだからそのような作業する必要はないという通達をだしたようです。
 っていうか被ばくは出来るだけ少ないほうがいいのだから作業はした方が良いに決まっているのに、なぜ止めるのか?せっかく自治体が独自に対策しているのだからむしろ支援しないと。




以下前文を転載させていただきます(興味のある方は読んでみてください)。


平成23年4月29日

              内閣官房参与の辞任にあたって
                              (辞意表明)

                                             内閣官房参与

                                               小佐古敏荘



 平成23年3月16日、私、小佐古敏荘は内閣官房参与に任ぜられ、原子力災害の収束に向けての活動を当日から開始いたしました。そして災害後、一ヶ月半以上が経過し、事態収束に向けての各種対策が講じられておりますので、4月30日付けで参与としての活動も一段落させて頂きたいと考え、本日、総理へ退任の報告を行ってきたところです。
 なお、この間の内閣官房参与としての活動は、報告書「福島第一発電所事故に対する対策について」にまとめました。これらは総理他、関係の皆様方にお届け致しました。

 私の任務は「総理に情報提供や助言」を行うことでありました。政府の行っている活動と重複することを避けるため、原子力災害対策本部、原子力安全委員会、原子力安全・保安院、文部科学省他の活動を逐次レビューし、それらの活動の足りざる部分、不適当と考えられる部分があれば、それに対して情報を提供し、さらに提言という形で助言を行って参りました。
 特に、原子力災害対策は「原子力プラントに係わる部分」、「環境、放射線、住民に係わる部分」に分かれますので、私、小佐古は、主として「環境、放射線、住民に係わる部分」といった『放射線防護』を中心とした部分を中心にカバーして参りました。
 ただ、プラントの状況と環境・住民への影響は相互に関連しあっておりますので、原子炉システム工学および原子力安全工学の専門家とも連携しながら活動を続けて参りました。
 さらに、全体は官邸の判断、政治家の判断とも関連するので、福山哲郎内閣官房副長官、細野豪志総理補佐官、総理から勅命を受けている空本誠喜衆議院議員とも連携して参りました。

 この間、特に対応が急を要する問題が多くあり、またプラント収束および環境影響・住民広報についての必要な対策が十分には講じられていなかったことから、3月16日、原子力災害対策本部および対策統合本部の支援のための「助言チーム(座長:空本誠喜衆議院議員)」を立ち上げていただきました。まとめた「提言」は、逐次迅速に、官邸および対策本部に提出しました。それらの一部は現実の対策として実現されました。
 ただ、まだ対策が講じられていない提言もあります。とりわけ、次に述べる、「法と正義に則り行われるべきこと」、「国際常識とヒューマニズムに則りやっていただくべきこと」の点では考えていることがいくつもあります。今後、政府の対策の内のいくつかのものについては、迅速な見直しおよび正しい対策の実施がなされるよう望むところです。



1.原子力災害の対策は「法と正義」に則ってやっていただきたい

 この1ヶ月半、様々な「提言」をしてまいりましたが、その中でも、とりわけ思いますのは、「原子力災害対策も他の災害対策と同様に、原子力災害対策に関連する法律や原子力防災指針、原子力防災マニュアルにその手順、対策が定められており、それに則って進めるのが基本だ」ということです。

 しかしながら、今回の原子力災害に対して、官邸および行政機関は、そのことを軽視して、その場かぎりで「臨機応変な対応」を行い、事態収束を遅らせているように見えます。
 
 とりわけ原子力安全委員会は、原子力災害対策において、技術的な指導・助言の中核をなすべき組織ですが、法に基づく手順遂行、放射線防護の基本に基づく判断に随分欠けた所があるように見受けました。例えば、住民の放射線被ばく線量(既に被ばくしたもの、これから被曝すると予測されるもの)は、緊急時迅速放射能予測ネットワークシステム(SPEEDI)によりなされるべきものでありますが、それが法令等に定められている手順どおりに運用されていない。法令、指針等には放射能放出の線源項の決定が困難であることを前提にした定めがあるが、この手順はとられず、その計算結果は使用できる環境下にありながらきちんと活用されなかった。また、公衆の被ばくの状況もSPEEDIにより迅速に評価できるようになっているが、その結果も迅速に公表されていない。

 初期のプリュームのサブマージョンに基づく甲状腺の被ばくによる等価線量、とりわけ小児の甲状腺の等価線量については、その数値を20、30km圏の近傍のみならず、福島県全域、茨城県、栃木県、群馬県、他の関東、東北の全域にわたって、隠さず迅速に公開すべきである。さらに、文部科学省所管の日本原子力研究開発機構によるWSPEEDIシステム(数10kmから数1000kmの広域をカバーできるシステム)のデータを隠さず開示し、福井県、茨城県、栃木県、群馬県のみならず、関東、東北全域の、公衆の甲状腺等価線量、並びに実効線量を隠さず国民に開示すべきである。

 また、文部科学省においても、放射線規制室および放射線審議会における判断と指示には法手順を軽視しているのではと思わせるものがあります。例えば、放射線業務従事者の緊急時被ばくの「限度」ですが、この件は既に放射線審議会で国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告の国内法令取り入れの議論が、数年間にわたり行われ、審議終了事項として本年1月末に「放射線審議会基本部会中間報告書」として取りまとめられ、500mSvあるいは1Svとすることが勧告されています。法の手順としては、この件につき見解を求められれば、そう答えるべきであるが、立地指針等にしか現れない40-50年前の考え方に基づく、250mSvの数値使用が妥当かとの経済産業大臣、文部科学大臣等の諮問に対する放射線審議会の答申として、「それで妥当」としている。ところが、福島現地での厳しい状況を反映して、今になり500mSvを限度へとの、再引き上げの議論も始まっている状況である。まさに「モグラたたき」的、場当たり的な政策決定のプロセスで官邸と行政機関がとっているように見える。放射線審議会での決定事項をふまえないこの行政上の手続き無視は、根本からただす必要があります。500mSvより低いからいい等の理由から極めて短時間にメールで審議、強引にものを決めるやり方には大きな疑問を感じます。重ねて、この種の何年も議論になった重要事項をその決定事項とは違う趣旨で、「妥当」と判断するのもおかしいと思います。放射線審議会での決定事項をまったく無視したこの決定方法は、誰がそのような方法をとりそのように決定したのかを含めて、明らかにされるべきでありましょう。この点、強く進言いたします。



2.「国際常識とヒューマニズム」に則ってやっていただきたい

 緊急時には様々な特例を設けざるを得ないし、そうすることができるわけですが、それにも国際的な常識があります。それを行政側の都合だけで国際的にも非常識な数値で強引に決めていくのはよろしくないし、そのような決定は国際的にも非難されることになります。

 今回、福島県の小学校等の校庭利用の線量基準が年間20mSvの被曝を基礎として導出、誘導され、毎時3.8μSvと決定され、文部科学省から通達が出されている。これらの学校では、通常の授業を行おうとしているわけで、その状態は、通常の放射線防護基準に近いもの(年間1mSv,特殊な例でも年間5mSv)で運用すべきで、警戒期ではあるにしても、緊急時(2,3日あるいはせいぜい1,2週間くらい)に運用すべき数値をこの時期に使用するのは、全くの間違いであります。警戒期であることを周知の上、特別な措置をとれば、数カ月間は最大、年間10mSvの使用も不可能ではないが、通常は避けるべきと考えます。年間20mSv近い被ばくをする人は、約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少ないのです。この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは、学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたいものです。年間10mSvの数値も、ウラン鉱山の残土処分場の中の覆土上でも中々見ることのできない数値で(せいぜい年間数mSvです)、この数値の使用は慎重であるべきであります。

 小学校等の校庭の利用基準に対して、この年間20mSvの数値の使用には強く抗議するとともに、再度の見直しを求めます。

 また、今回の福島の原子力災害に関して国際原子力機関(IAEA)の調査団が訪日し、4回の調査報告会等が行われているが、そのまとめの報告会開催の情報は、外務省から官邸に連絡が入っていなかった。まさにこれは、国際関係軽視、IAEA軽視ではなかったかと思います。また核物質計量管理、核査察や核物質防護の観点からもIAEAと今回の事故に際して早期から、連携強化を図る必要があるが、これについて、その時点では官邸および行政機関は気付いておらず、原子力外交の機能不全ともいえる。国際常識ある原子力安全行政の復活を強く求めるものである。


                                                以上
[PR]

  by ds610jp | 2011-04-30 02:44 | その他の記事

深大寺 春散歩(二)

f0086721_0471898.jpg
f0086721_047235.jpg
f0086721_0473775.jpg
f0086721_0474732.jpg
f0086721_0475572.jpg
f0086721_048459.jpg
f0086721_0482869.jpg
f0086721_0483591.jpg
f0086721_0484585.jpg
f0086721_049445.jpg



◆使用カメラ◆
K-5

◆使用レンズ◆
シグマ 30mm F1.4 EX DC
ペンタックス DA☆ 50-135mmf2.8ED AL[IF]SDM


にほブログ村 写真ブログへ
↑お気に入り写真があればぜひ!☆カチっとおねがいします☆(ブログランキングが上昇しますm(__)m)


◆ds610jpの徒然日記◆
200mmのリミテッドレンズがほしい今日この頃。200mmf4で200gとか。
50-135☆で最近気がついたこと。どうも使い勝手が自分と合わないと思っていた原因のひとつに、50-135を使っていると最短撮影距離付近で撮影することが多いようです。するとおのずと100マクロの方が描写もボケも良く感じることが多いのではないか、ということです。どうやら得意とするワーキングディスタンスが比較的近いんでしょう。なので多用するのも30mm~100mmの間となってそれにプラス広角があればほとんど事足りてしまう。55-300を持っていっても使うのが一日1回とか2回位・・・う~んもしかして55-300さえも50-200とかでいいのかも。でも描写にはこだわりたい・・・200mmリミテッドが出れば望遠レンズの悩みは解決するんですけど・・・。
[PR]

  by ds610jp | 2011-04-29 02:06 | DA☆50-135mmf2.8

深大寺 春散歩(一)

f0086721_0265727.jpg
f0086721_027555.jpg
f0086721_0271365.jpg
f0086721_0272665.jpg
f0086721_0273619.jpg
f0086721_0521452.jpg
f0086721_0534082.jpg
f0086721_0534839.jpg
f0086721_0535686.jpg
春の深大寺です。深大寺といえば東京調布にある有名なお寺で、参道の雰囲気もよく都心からも近く、「鬼太郎茶屋」もあります(ゲゲゲ軒太郎のモデルが調布~三鷹あたりとのことです)。午後からのちょっとしたお出かけなんかには最適な場所ですね。で、あともうひとつ有名なのが「深大寺そば」で、おそばを食べに来きてついでに深大寺を散策なんてのもオススメです。ちなみに写真の壊れた灯篭は震災の時に倒れたんだそうです。隣の塀も実は壊れていて、あらためて震災の影響力の大きさを感じました。


 ところで、今回の1枚目はなんとIXY31S。コンデジがんばってますね。

◆使用カメラ◆
K-5
IXY31S

◆使用レンズ◆
シグマ 30mm F1.4 EX DC
ペンタックス DA☆ 50-135mmf2.8ED AL[IF]SDM


にほブログ村 写真ブログへ
↑お気に入り写真があればぜひ!☆カチっとおねがいします☆(ブログランキングが上昇しますm(__)m)


◆ds610jpの徒然日記◆
超ちっちちゃなニュース。
今日ipodのイヤホンが断線した。巻き取りコード式の便利な物だったが、やはり巻き取りという構造が断線しやすくなるのだろうか。でもまぁとりあえずしばらくは以前使っていたイヤホンを使えばいいやと思い引き出しから出してみると・・・使ってないのにそのイヤホンも右耳のコードが断線していた(TωT)
[PR]

  by ds610jp | 2011-04-28 01:25 | DA☆50-135mmf2.8

小石川後楽園 桜散策編(四)

f0086721_1341453.jpg
f0086721_1342344.jpg
f0086721_1343829.jpg
f0086721_1345016.jpg
f0086721_1345820.jpg
f0086721_135698.jpg
f0086721_1352037.jpg
f0086721_1352843.jpg
f0086721_1353782.jpg
f0086721_134678.jpg
f0086721_1354618.jpg

今回で小石川後楽園は終了です。次回は深大寺、のよてい(★´・ω・):;*。:;

ペンタのミラーレス、AF用接点を追加したMマウントだったらいいな。




◆使用カメラ◆
K-5

◆使用レンズ◆
シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSM
ペンタックス DA☆ 50-135mmf2.8ED AL[IF]SDM


にほブログ村 写真ブログへ
↑お気に入り写真があればぜひ!☆カチっとおねがいします☆(ブログランキングが上昇しますm(__)m)




◆原発のこと◆
さて、相変わらず納得のいかないニュースが多い原発関連の話題です。

■福島第1原子力発電所での事故の健康への影響に関するフォーラム(構想日本主催)が4月26日に開かれ、自衛隊中央病院の箱崎幸也第一内科部長は、被ばくした放射線量が100ミリシーベルト以下であれば、健康への大きな影響はないとの見解。

理由→統計上10歳の子供が被爆しても2%しか癌にならなかったから。(ちなみに50歳だと0.4%とのことです。これは癌の発生率が数年以上の経過を必要とすることと、50代以上では他の癌になりやすく統計が正確になりにくいことが原因でしょう)
 しかし、健康な子供や若者が累積で100ミリシーベルト被ばくすると2%癌になるなら全員被ばくしたがらないのでは・・・。そもそもが、年間20ミリシーベルトの基準を守っていても子供の場合、米国科学アカデミーの報告でも、小児癌においては、10−20ミリシーベルトで、「15 歳までの子 どもでは発がん率が 40%増加する」と記載し、少なくとも子供への影響の存在を明言しています。
 2%位なら健康上大きな問題ではないと政府関係者は言い切りますが、この2%をどう考えるか。私は小学校などの子供が被ばくして、数年後高校生になった時、クラスに1人が癌にかかってしまうような状況は問題がある、と考えます。


■いわき市学校の給食に福島県産牛乳■
”これまで福島県産は出荷が制限されていたことから他県産の生乳が使用される予定でしたが、福島県産の生乳の安全性が確認されたことから、4月27日から福島県産も使用される予定です”
 実際安全ならどんどん飲んでもらえばいいのですが、検査方法がまた不可思議で、福島県内10の乳業メーカーなどが、他の市町村産と混ぜた後の原乳で測定した結果、基準値を下回ったため出荷制限が解除されました・・・。まぁそりゃ薄めればなんだって基準値以下になりますよね・・・。で、一度暫定基準値を下回った市町村の原乳は戸別検査をしない、ということになっているので、つまり一度薄めて検査して、通ればあとは好きにして、ということですね。毎回疑いたくは無いですがあまりにも分かりやすい偽装に見えます。

 上のニュースの内容と被りますが、政治家や教育委員会の大人が自分の意思で福島県産の牛乳を飲むのは良いと思いますが、私は給食に出すのは反対です。


■原発避難牛、農水省受け入れ要請 「道内が有力候補」
一応このニュースだけならば動物の命を大切にすることになるので問題ないのですが、福島牛乳の検査方法を見ると、このまま北海道牛として出荷される可能性が考えられます。動向を見守りたいところですが・・・。


 先日も書きましたが、首都圏では雨の日以外はほとんど気を使わずとも良い状態です。が、現地では普段なら考えられないような意見や理論ががさも当然のようにまかり通っているように見えます。汚染された食料や風評被害の問題は、農家、酪農家が今までの土地で変わらずやっていきたいという意思と、政府のこれ以上補償金額を増やしたくないという意思が重なっている部分があるのでいろいろと不透明にならざるを得ないのだとおもいますが・・・。

 ちなみに原子力保安院/東電の海外向けの会見に、ついに海外の記者が一人も来ないという事態になったみたですね。後日訂正や重要なことを一週間以上たってから発表するということを繰り返した上、発表を一本化するという名目で事実上の口裏あわせをしている、とみなされた結果ですね。
f0086721_527868.jpg
しかし0人って。海外からどんだけ信用されてないんだ、保安院と東電。だれもいないのに保安院と東電はマイクでしゃべり続けたそうです。そういうとこは妙に律儀?しかも信じられないことに24分を回ったところで、「何か質問はありませんか?」と空席に向けて確認したうえ、「会見に来てくれてありがとう」と空席に向けて投げかける挨拶をした、らしいですね。誰もいないのに・・・もうなにを言ったらいのか・・・。
[PR]

  by ds610jp | 2011-04-27 01:50 | DA☆50-135mmf2.8

小石川後楽園 桜散策編(三)

f0086721_23403331.jpg
足元の星空、なんて。

f0086721_23404777.jpg
f0086721_23405584.jpg
f0086721_23411911.jpg
f0086721_23411153.jpg
f0086721_23422398.jpg
f0086721_23421453.jpg
f0086721_23424634.jpg
f0086721_2343299.jpg
桜の季節はホント駆け足で過ぎ去ってしまう。と、思っていたらもう4月も終わり。時間の流れ自体が駆け足なのか。


◆使用カメラ◆
K-5
K20D

◆使用レンズ◆
シグマ 30mm F1.4 EX DC
ペンタックス DA☆ 50-135mmf2.8ED AL[IF]SDM


にほブログ村 写真ブログへ
↑お気に入り写真があればぜひ!☆カチっとおねがいします☆(ブログランキングが上昇しますm(__)m)


◆ds610jpの徒然日記◆
季節の変わり目になんだか風邪を引きそうです。先週が異常に忙しかったからかも。
[PR]

  by ds610jp | 2011-04-25 23:46 | シグマ30mm F1.4 EX DC

小石川後楽園 桜散策編(二)

f0086721_23582575.jpg
f0086721_23583461.jpg
f0086721_23584190.jpg
f0086721_23584992.jpg
f0086721_23585753.jpg
f0086721_2359793.jpg
f0086721_23593227.jpg
f0086721_23594047.jpg
f0086721_235956100.jpg
桜以外にも、足元に目をやるとそこにも春が。



◆使用カメラ◆
K-5
K20D

◆使用レンズ◆
シグマ 30mm F1.4 EX DC
ペンタックス DA☆ 50-135mmf2.8ED AL[IF]SDM



にほブログ村 写真ブログへ
↑お気に入り写真があればぜひ!☆カチっとおねがいします☆(ブログランキングが上昇しますm(__)m)


◆ds610jpの徒然日記◆
そういえば先日コメントで書いた気もしますが、ソニーがK5と同等のセンサーのミラーレスを発売する様です。ついにミラーレスであの画質が・・・。でもNEXは使いたいレンズが出てないしまだ待ちです(★´・ω・):;*。:;高性能&コンパクトな超広角ズームが出たらその部分をミラーレスに切り替えたいのですが、NEXはレンズにもっと力をいれてほしい・・・。売れてるからまぁ後回しでいいやってことなんでしょうが。それと中国のイベント発の情報によると、近日中にもしかしたらペンタがミラーレスを発表するかも・・・。これがK5と同等のセンサーの機種なら・・・(*´・人・*)ペンタがミラーレス出したらパンケーキ出しまくってくれそうなので期待。


◆全国の放射能濃度一覧表のページ◆
http://atmc.jp/
このページでは放射線に関する様々なデータが閲覧できます。その日どの辺りが放射線が強いとか、放射性物質の降下予報等等。花粉や黄砂の予報などと一緒に一般の天気予報ページで見れるようになったほうが良いと思いますが、現状はそうではないので。このサイトと埼玉県のHPを利用して毎日の放射線量をチェックしています。ちなみにここ2週間位は雨の日以外、東京埼玉辺りはほぼ問題ない数字に落ち着いています。
[PR]

  by ds610jp | 2011-04-25 00:50 | DA☆50-135mmf2.8

小石川後楽園 桜散策編(一)

f0086721_22282127.jpg
f0086721_22283375.jpg
f0086721_22284447.jpg
f0086721_22343439.jpg
f0086721_2234431.jpg
f0086721_22402043.jpg
f0086721_22372110.jpg
f0086721_22373292.jpg
f0086721_22291468.jpg
 
先日丁度桜が見ごろだった小石川後楽園を散策してきました。小石川後楽園と六義園は東京都心部でははずせない桜スポットですね。





◆使用カメラ◆
K-5
K20D

◆使用レンズ◆
シグマ 30mm F1.4 EX DC
シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSM
ペンタックス DA☆ 50-135mmf2.8ED AL[IF]SDM

今回はこの3本で行ってみました。バランス的には申し分ないですね。画質的には単焦点のほうがやはり好みですが、レンズ交換が難しいシーンではこの組み合わせはよさそうです。広角レンズが発売がうわさされている12-35に入れ替えられたら、30mmを43mmに入れ替えてもっと荷物を軽く出来るのですが。


にほブログ村 写真ブログへ
↑お気に入り写真があればぜひ!☆カチっとおねがいします☆(ブログランキングが上昇しますm(__)m)


◆ds610jpの徒然日記◆
 報道発ドキュメンタリー(TV朝日)で本日と30日の2回にわたって「チェルノブイリ25年」という特集が組まれているようです。今日本のおかれている状況を理解する上では参考になるのではないでしょうか。しかし2週にわたって特集されていて、且つ今最も注目度の高い話題にも関わらず、番組の紹介がTV朝日ページ上でもされていないのが不可思議です。そういえば最近夕刊フジはなにか吹っ切れたのか菅内閣や東電に対してとてつもなく突っ込みの厳しい見出しを連発しています。いろいろなしがらみのあるマスコミもついに堪忍袋の緒が切れ始めた?
[PR]

  by ds610jp | 2011-04-23 23:29 | DA☆50-135mmf2.8

成増、桜の道

f0086721_04384.jpg
f0086721_0432790.jpg
f0086721_0433629.jpg
f0086721_0435086.jpg
f0086721_0435868.jpg
f0086721_044838.jpg
f0086721_0441793.jpg
f0086721_0442592.jpg
さて、昨日の続きです。東京の都市部は足早に桜の季節は終り、初夏へと向かうかと思いきや・・・肌寒い日が続いています。今年に限ってはこのまま関東が冷夏だと助かるのですが。

◆使用カメラ◆
K-5
K20D

◆使用レンズ◆
シグマ 30mm F1.4 EX DC
ペンタックス DA☆ 50-135mmf2.8ED AL[IF]SDM




にほブログ村 写真ブログへ
↑お気に入り写真があればぜひ!☆カチっとおねがいします☆(ブログランキングが上昇しますm(__)m)


◆ds610jpの徒然日記◆
さて、今日は超久しぶりのカメラの話題。
ペンタックスからまたみょうちくりんなカメラです。Krはあの手この手の企画を出してきますね。ボニーピンクモデルやタワレコモデルは手を出せない感じのデザインでしたが、これじゃナイロボとリラックマモデルはアリだな~などと他人事のように思っていましたが。
f0086721_0493749.jpg
f0086721_0505484.jpg
これがほしい、と思ってしまいました。どちらでもいいのですがこれは凄いですね~。K5でもグリップ交換してくれないかな・・・と思いますが、無理でも思わず手元のK20Dを入れ替えたくなってしまうデザインです。「今こそほしい物をバンバン買う」などとブログで書いている手前、買ってしまおうかとも思いますが・・・。

■DA☆50-135使ってみて■
 ようやく50-135ちゃんと使ってみました。一言で言って感想は「便利で悪くない、が、DA100マクロWRやFA77リミテッドには及ばない」ですね。当たり前といえば当たり前ですが。ボケ味にしても100マクロほど素直ではないし、77ほどやさしくもなく、描写にしても100マクロほど精緻ではなく77ほど繊細でもない、が、防塵防滴で50-135の良く使う望遠域をカバーしているのは便利だと思うし、一般的なズームと比べれば圧倒的に描写も良いと言えると思います。f値は開放付近で撮るとかなりふわっとした描写になるので、効果としてそのような撮りかたをするのでなければf4~で使用するのがベターな気がします。
 まあそもそもズームレンズを100マクロや77mmなどの高レベルな単焦点と比べるのが間違ってるんだと思います。

 子供を撮ったりするのには本当に向いているだろうし旅行などにも重さが許容できれば最適だと思う。もちろん防塵防滴はいつでも心強い。ほとんどの人へ推奨できる!・・・が、しかし自分の使い方だと出番が少ないかもしれない。。。ρ(-ω- )とりあえず、ズームレンズでメイン構成を組んでいる方には間違いなくお勧めできるので、買って損のないレンズのひとつだと思います。
[PR]

  by ds610jp | 2011-04-21 01:17 | DA☆50-135mmf2.8

成増の桜道

f0086721_315340.jpg
f0086721_3141541.jpg
f0086721_3151152.jpg
f0086721_3142821.jpg
f0086721_3163984.jpg
f0086721_3224372.jpg
f0086721_3235457.jpg
f0086721_3164961.jpg
成増の遊歩道



◆使用カメラ◆
K-5
K20D

◆使用レンズ◆
シグマ 30mm F1.4 EX DC
ペンタックス DA☆ 50-135mmf2.8ED AL[IF]SDM


にほブログ村 写真ブログへ
↑お気に入り写真があればぜひ!☆カチっとおねがいします☆(ブログランキングが上昇しますm(__)m)


◆ds610jpの徒然日記◆
■今日も原発のことで一言■
東京電力のホームページにこれからの「福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋 」のPDF4冊にわたる比較的詳細な計画が示されました。ついに、といった感じでしょうか。外国企業やアメリカからの圧力、東京電力の重役の総辞職がほぼ決まったとあって腹をくくったということでしょう。それに対して政府はいまだに明言をさけて責任逃れの発言を繰り返しているように見えます。
[PR]

  by ds610jp | 2011-04-20 04:12 | DA☆50-135mmf2.8

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE