南八ヶ岳「冬の赤岳を撮影しに硫黄岳へ登る」その一

さて、再び街から抜け出して冬のフィールドへ!
と、言うわけで今回はちょっと本格的に登ってきましたよヽ(´▽`)/
八ヶ岳の硫黄岳(2760m)と根石岳(2603m)
写真撮影メインなので好天狙いでペースも合わせられないのいうことで単独で山に行くことが増えてます。気をつけないとな・・・。

f0086721_21404866.jpg
夏沢鉱泉というお宿に泊まったのですが、ここはとっても良いとこで茅野駅から送迎してもらえます。しかも温泉付き!夜は牡丹鍋(いのしし鍋)がでます!快適だ~!ただし。山荘なので込み合っている時は相部屋ですよ!

f0086721_21424349.jpg
f0086721_21424996.jpg
山荘近くの林道から。星が綺麗過ぎる・・・。この日は北斗七星が良く見えました。気温は-17度。この時は油断して軍手一枚だったんですが半端なく手が冷たくなりました(TεT;)

f0086721_21441827.jpg
山荘の明かりがいい感じです。

f0086721_2145199.jpg
早朝から出発!予報通り晴れそうでやる気が出てきます。

f0086721_21461368.jpg
峰の松目という山です。八ヶ岳にお参りにきた男を女が待つ山、ということで「峰のマツメ」という名前で呼ばれるようになったらしい・・・。山頂には木が生い茂り、さらに高みに男が登る姿を見られない、のも待つのに適していると言うことだろうか。

f0086721_21492759.jpg
樹氷と霧氷のミックスの森を歩いていく。と・・・

f0086721_21495699.jpg
f0086721_2215387.jpg
突然視界が開ける!
目の前の山は根石岳。そのすぐ向こうに西天狗岳。一人でおお~!!と歓声ヽ(´▽`)/
ここから先は雪山装備が必要なのでアイゼン(雪山用の爪状スパイク)を装着。

f0086721_21533068.jpg
西天狗岳は解けたアイスクリームみたいでなんかかわうぃーね!とか思ったり。

f0086721_21555381.jpg
霧氷が限りなく成長した姿。通称えびのしっぽ。

f0086721_2156565.jpg
なんて考えているうちにすぐ山頂、根石岳2603m。ここまでは夏沢鉱泉からも1時間ちょっとで楽に来られるので晴れていればはじめての雪山にもおススメ!かも。

f0086721_21581570.jpg
f0086721_22141149.jpg
山頂の展望。すばらしい。

f0086721_21583422.jpg
これから登る硫黄岳が壁のようにそびえる。でかいなぁ。その奥には有名な赤岳も見えます。

f0086721_21595054.jpg
ほんとに誰もいないので宇宙みたいな景色。


f0086721_2203489.jpg
こんもりえびのしっぽ。

f0086721_2205269.jpg
美しい景色。すばらしい・・・。

山頂はこの時風も無く快適(でも寒いけど)でした。しかし美しい景色に見とれてばかりいると、目標の硫黄岳山頂に近づけないので、ここら辺で硫黄岳を目指して歩き出します!




◆使用カメラ◆
K-5

◆使用レンズ◆
ペンタックス FAFE10-17mmF3.5-4.5(魚眼レンズ)
タムロン SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16)
ペンタックス DA50-200mmF4-5.6ED WR


にほブログ村 写真ブログへ
↑お気に入り写真があればぜひ!☆カチっとおねがいします☆(ブログランキングが上昇しますm(__)m)


◆ds610jpの徒然日記◆
夜になってようやく花粉が収まってきた(´д`)
冬のうちにまだまだまだまだ見に行きたい場所がたくさんあるのに春が近づいてきました。山はまだまだ冬ですが、東京はもう春ですね。今年はいつの間に梅の時期に・・・3月中に青梅梅郷でも行って来ようかな。
[PR]

  by ds610jp | 2012-03-04 22:11 | タムロン17-50mm F/2.8

<< 南八ヶ岳「冬の赤岳を撮影しに硫... サザンテラス >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE