カテゴリ:ペンタックス10-17mm魚眼( 36 )

 

富士登山、雲の上の八合目へ

f0086721_1562272.jpg
f0086721_1563280.jpg
f0086721_1564122.jpg
f0086721_1565848.jpg
f0086721_157133.jpg
本日も引き続き雲の上からの景色をお届けします。
3000mを超え、八合目が近づいてきてさらに空はその青さを増しているように見えました。
空気も明らかに薄くなってきて、ちょっと急いで登るだけで息がきれてしまうので
その分ゆっくり歩いて所々で振り返って景色を楽しむのが得策な気がします。
(岩場だと振り返る余裕もなく危ないので安全な場所に限るが)
雲の流れが非常に速く、様々に姿を変えているのでずっと眺めていても飽きなさそうだ。
しかし夕暮れまでに8合目半の場所にある山小屋にたどり着かないといけないのでそれほどのんびりもしていられない。
ココまで登るのに既に5時間以上が経過、時間は16時を回っていた。
富士山を登るのは意外と時間が掛かるんである。
5合目からスタートして山頂まで7~9時間は掛かるのが普通なので、下山に掛かる時間を考えるとたいていどこかの山小屋に一泊することになります。(そうすることによって御来光も見れて一石二兆)。
通常富士山に登る人は8合目辺りの山小屋で仮眠をして、夜中から山頂を目指し、ご来光を見て下山する人が多い。私は実は以前富士山に登ったことがあるのですが、山頂の山小屋に泊まって空気が薄くて夜中に高山病になりえらい目にあったことがあるので今回は一個下の八合目半(3450m)の山小屋に泊まることにしたのであるが・・・つづく!!



◆使用レンズ◆
ペンタックス FAFE10-17mmF3.5-4.5(魚眼レンズ)

にほんブログ村 写真ブログへ
↑お気に入り写真があればぜひ!☆カチっとおねがいします☆(ブログランキングが上昇しますm(__)m)
[PR]

  by ds610jp | 2008-08-22 02:16 | ペンタックス10-17mm魚眼

富士登山編、7合目からの雲上散歩

f0086721_1552912.jpg
f0086721_1554442.jpg
f0086721_1563863.jpg
f0086721_1565345.jpg
f0086721_157264.jpg
f0086721_1571339.jpg
標高が上がるにつれて青空が見えてきた。遥か遠くの山々は見えないものの、雲の上を眼下に見下ろして歩くのはなかなか気持ちがよいもので、霧の中の登りとは一変して晴れやかな気持ちになれた。

f0086721_202278.jpg
そして暫くすると、ついに3000mの標識が見えてきた。本格的な雲上散歩の始まりだ。


◆使用レンズ◆
ペンタックス FAFE10-17mmF3.5-4.5(魚眼レンズ)

にほんブログ村 写真ブログへ
↑お気に入り写真があればぜひ!☆カチっとおねがいします☆(ブログランキングが上昇しますm(__)m)
[PR]

  by ds610jp | 2008-08-21 02:03 | ペンタックス10-17mm魚眼

富士五合目、霧の森林散策

f0086721_014210.jpg
f0086721_0141278.jpg
f0086721_0142112.jpg
f0086721_0143342.jpg
f0086721_0144234.jpg
f0086721_0145342.jpg

富士五合目、霧の森林散策の続きです。
マイナスイオンを大量に浴びて霧の中を歩いていると本当に景色に現実感がなくなってきますね。登山のための重たい荷物が唯一現実を感じさせてくれますが、こんな中手ぶらでふらふらしていたら異世界に迷い込んでもおかしくない感じがします。
霧の中の散策、はまりそうです。
そうこうしているうちに6合目が近づいてきました。


◆使用レンズ◆
ペンタックス FAFE10-17mmF3.5-4.5(魚眼レンズ)
ペンタックス DA 50-200㎜F4-5.6 ED

にほんブログ村 写真ブログへ
↑お気に入り写真があればぜひ!☆カチっとおねがいします☆(ブログランキングが上昇しますm(__)m)
[PR]

  by ds610jp | 2008-08-19 00:21 | ペンタックス10-17mm魚眼

青空と本当に綺麗な海、あこがれてた風景☆☆

f0086721_042549.jpg
f0086721_0205280.jpg
f0086721_04519.jpg
f0086721_05142.jpg

さて海沿いの国道沿いのファミマの裏に広がるすばらしい光景を前に
ん~、ほんとうに綺麗な海だなぁと思いながらすることはひとつ!
もちろん海にはいる!
・・・水着がないっすm(__)m

そんなわけで手と足だけ海にはいることしばし。
ん?なぜか・・・
水がさらさらしてるわ~い!!
しかも水が全然つめたくない!むしろきもちいい!

透明度の高い海は水もさらさらなのだろうか(^_^;)
足元の白い砂は全部サンゴだし、すぐそこにはサンゴ礁が見えるしきっとちょっと潜ったら魚とかもけっこういるんだろうなと妄想しつつ水の中を歩くと・・・

・・・いでででで!!

ってそうかこの砂浜の原料はサンゴ・・・つまり自然の砂浜だとサンゴの塊がごろごろ落ちててめっちゃ痛い!このままはしゃぎながら走り回ったら足の裏から大量の血液を噴出して沖縄の海に潜むサメとかエイとかウツボとかをおびき寄せる人身御供となることだろう。
んむう・・・サンダルほしい・・・。
今にして思えばコンビニで買えばよかったがそんなことは考えもせず、普通に痛がる私であった。
どうでも良い話であるが、このときその辺に落ちてた水中眼鏡(おっきいやつ)でそっと水中を見るとナマコがいた。やっぱりもうちょっとサンゴに近づかないと魚とかは見れないかな~m(__)mざんねんである。
次回沖縄に来るときはサンダルは必須だと心に誓ってその美しい海を後にするのでした。


■今回の撮影解説■
おもいきって魚眼レンズでくるっとやってみました。思いのほか良い感じでお気に入りです。

使用レンズ
1枚目:タムロン SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16)
2・3・4枚目:ペンタックス FAFE10-17mmF3.5-4.5(魚眼レンズ)


にほんブログ村 写真ブログへ
↑沖縄イキタイ!!と思ったらカチっとおねがいします☆
[PR]

  by ds610jp | 2008-06-14 00:53 | ペンタックス10-17mm魚眼

嵐山へ電車でGO!(←古いわ~い)

嵐山編スタートであります。
さて、朝出発の前にすることといえば、庭の写真を撮る!多分間違ってるけど。
f0086721_2265588.jpg
出発時、庭先にてカメラを地面すれすれに構えて昆虫目線で春を撮影。

f0086721_2272493.jpg
電車とおじさん。関西の電車、やっぱり好きです。

f0086721_13164590.jpg
嵐山駅前にて。ついたよ嵐山!というワクワク感でなんとなく撮った写真。

f0086721_2293639.jpg
空に向かって伸びてゆく姿。

f0086721_2295475.jpg
落ちてしまったことを惜しむように幹のほうを向いて綺麗に咲いていた。



■今回の撮影解説■
今回はほぼ普通の設定です。2、3枚目のみ彩度を落としてあります。

使用レンズ
1枚目:ペンタックス FAFE10-17mmF3.5-4.5(魚眼レンズ)
2枚目:ペンタックス DA 21mmF3.2AL Limited
3枚目:ペンタックス FAFE10-17mmF3.5-4.5(魚眼レンズ)
4枚目:シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC
5枚目:ペンタックス FA77mmF1.8 Limited


にほんブログ村 写真ブログへ
↑お、嵐山だねと思ったらぽちっとおねがいします☆
[PR]

  by ds610jp | 2008-04-28 02:30 | ペンタックス10-17mm魚眼

バリ島18 海辺の宵

トラックバックカテゴリ:旅行・地域
f0086721_144567.jpg
f0086721_1451740.jpg
f0086721_1452811.jpg
f0086721_146469.jpg
f0086721_1461575.jpg
f0086721_1462663.jpg
静かなホテルのビーチの夕暮れは綺麗だった。日が落ちると、楽団が海辺のバー近くで音楽をかなで出した。近くには露店も多数あり、ちょっとした縁日のような雰囲気でもあった。

が、せっかくなのでホテルからは出てシーフードを食べに行くことに。
お盆なのであまり開いてるお店が無かったがシェーキスというお店が開いてるとのこと、ここは生きた食材を自分で選んでグラム単位でお金を払うというシステムのお店だ。
だが、観光客用のお店らしく、値段はかな~りいってた。正直高かった。
ロブスターをしっかり食べるなら予算は一人4000円~ってとこか。
浜辺でシーフードもバリの名物?らしい。
で、この浜辺でなぜか屋台で焼きとうもろこしを売ってたので買って食べてみた。
小ぶりだがいがいと美味しかった。
値段は100円くらい。
あと浜辺でご飯を食べるとバンドが席を回ってきて必ず演奏をするという余興があるのも
バリのお約束らしい。
で、なんとここで彼らは日本人観光客に向けて「津波」を歌っていた。
ん~すごい。
でも津波は、インドネシア語でも発売されていて結構はやっているとのこと。
すごいぜサザン!
[PR]

  by ds610jp | 2007-09-20 01:46 | ペンタックス10-17mm魚眼

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE